Home > Recruit > Reason for admission
Recruit

Reason for admission
入部動機

アメリカンフットボール部の選手のうち約5割が大学からアメリカンフットボールを始めた未経験者です。未経験者であっても自分の能力やセンス、日頃の努力により、チームの大きな戦力となることができます。野球・サッカー・バスケットボールなどの他スポーツの経験者がとても多く、それぞれの選手が自分の経験や特徴を活かして日々練習に励んでいます。経験者にとっては高校時代の経験を活かし、より大きな舞台で活躍できるチャンスです!

竹田佑将
3回生・実家・京田辺キャンパス

入部動機

僕は高校でもアメフトをやっていました。
高校の最後の試合で関西の優勝校に僅差で逆転負けしてしまい、その悔しさを忘れられなかったため、アメフトで味わった屈辱はアメフトで晴らすしかないとその一心でアメフトに最後まで食らいついてやろうと入部を決意しました。
また、アメフトはカレッジスポーツのため大学でこそ本物が味わえると思ったことも入部を決めた理由の一つです。

丹澤 久輝
2回生・実家・今出川キャンパス

入部動機

僕は高校ではバスケットボールをやっており、大学では何か新しいことを始めたいと思ったため、兄がやっていたアメリカンフットボールに興味を持ちました。楽しそうな雰囲気のアメリカンフットボール部に魅力に惚れ、これなら大学生活4年間をかけられると思ったため入部しました。

加藤郁弥
3回生・下宿・京田辺キャンパス

入部動機

僕は高校までずっと野球をしていたため、大学に入っても野球部に入るつもりでした。しかし、入学して最初に仲良くなった友達がワイルドローバーへの入部を既に決めており、その友達に誘われて新歓試合の京都大学戦を観戦しに行ったところ野球や他のスポーツでは味わえないアツさを感じ、「自分が求めていたのはこれだ」と思いました。これをきっかけにアメフトに4年間を注ぎたいと思ったため入部を即決しました。

辛山紗英
2回生・実家・今出川キャンパス

入部動機

もともとスポーツや体を動かすことが好きで、中学・高校で6年間バレーボールをやっていました。大学でもスポーツ系のサークルに入るつもりでしたが、4年間なにか真剣になれることがしたいと思い、スポーツに直接関わることができる体育会に興味が沸きました。アメフト部の見学に来た際に、選手にテーピングを巻いたり、トレーニングの指示を出したりしているトレーナーの先輩方の姿を見ました。自分が選手ではなくても一緒に戦っているように見え、私もそんなかっこいいトレーナーになりたいと強く思ったのが入部したきっかけです。

板野彰人
2回生・実家・今出川キャンパス

入部動機

私は広島の高校でアメフトをやっていたときにテレビでよく関西の学生アメフトの試合を見ていました。テレビで見た大学生のハイレベルなフットボールに憧れ、大学でもアメフト部に入ろうと思いました。私は高校生の時から敵チームの試合のビデオを見て分析したり、自分で戦術を考えたりするのが好きだったので、スカウティングを専門にしているQCをやってみたいと思いQCになりました。

大谷実里
3回生・下宿・京田辺キャンパス(同志社女子大学)

入部動機

サークルではなく体育会に入りたいという気持ちが最初からありました。大学では自分が知らなかった新しいスポーツにかかわりたいと思っており、いろいろな体育会の練習を見学しに行きました。アメフト部もそのうちの一つだったのですが、練習の見学に行った際、学生主体でチームを運営しているスタッフの姿を見て、やりがいのある仕事がたくさんできそうだなと思いました。そして今出川ボウル(新入生向けの公開試合)を観戦して、アメフトのかっこよさや魅力を感じ、アメフト部への入部を決めました。